スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ボード選びって? Maru
道具選びをちょっと違った観点から・・・。
(参考程度だし、興味ないかも・・)

まず・・・お金、スペースがふんだんにあるならば、ほしい道具は全て買い、持ち歩けばよい・・という事になります。カイト全サイズを持っていれば極めて最適なサイズで乗れるし、ボードもしかり・・。

しかし・・・ほとんどのユーザーは限られた条件の中で道具をチョイスしていかなくてはなりません。
決して安い道具ではないので、かなり慎重に選ぶ事になると思います。

今のカイトの性能を考えると、カイトは3枚でほぼ間違いなく全域カバーできるはずです。
(コンペティターはもっと必要だけど)

で、ボードは・・正直2枚くらいはほしくないですか?
ツインチップとサーフボード/サーフボードの大きい波用、小さい波用/ツインチップの微風用、強風用等・・・とにかく2枚あると遊び方が広がるのは間違いないでしょう。
私個人的な道具チョイスは・・・(ボードに関するお話し)
以前は確実にツインチップとサーフ系の両方が必要でした。
しかし、今はサーフ系が8割・・。
正直サーフボードの5’4”くらいのがあればオッケーといえばオッケーなのかもしれないのですが、
飛びの楽しさも捨てがたく・・・。
これまでは平水面で風が強い時には、やはりツインチップの方が何かと楽しめていました。
というか・・大好きなことがサーフ系ボードでは出来なった・・・。
そして、以前は16というサイズを常に持ち、かなり微風でも出ようとしていたので、浮力が大きなボードも必要だったわけです。
今は最大サイズが12。それより微風の時はサーフィンです。
12の風域だと、それほどボードの浮力に頼らなくても走れることがほとんど。

そこで・・5’00”だったのです。
まず全体の重さは、ツインチップの130前後のものと変わらない。
短いので、強風時のエアーでもノーズがあおられたりしない・・。
ノーズロッカーがあるので、逆にも走れてしまったりする・・。
・・・なわけで
自分の使用環境や使い方、嗜好を考えた時、これ1本持っていけばほとんどの状況で楽しめると思います。
このように、道具の選び方は使う人の体格、スキル、使用環境、使用風域、スタイル、オンショアかサイドか・・・等々、様々な状況で変わってきます。それらを煮詰めていくとだんだんと道具のチョイスが絞られていくわけで、自分に最適な道具が見つかっていくと思います。

Naishはカイトにしてもボードにしても、サイズバリエーションが豊富です。
それがゆえに迷う点があるのも事実なのですが、煮詰めていければかなりいいチョイスができるはず・・。























2009/08/10(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naishriders.blog20.fc2.com/tb.php/54-d70c2056
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。