スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新しいフルカーボンのパドルKaholo8’0のカットと使った感想 永松
新しいパドルKaholo8’0のカットと接着
Kaholo80.jpg

人それぞれの長さにあわせられるようにグリップ側だけ未接着で長いのでカットする。
Kaholo8006.jpg

今までダウンウインドやレース用に使ってたWave用より長い方のパドルにあわせた。
長さは人それぞれでWaveもダウンウインドやクルージングも長さを変えない方もいると思う。
Kaholo8005.jpg

汚れないようにマスキングして接着
接着剤は2液性のエポキシ系接着剤を使用している。
Kaholo8004.jpg

グリップ前面とブレイドの先が平行なので床に置けばだいたい真っ直ぐ
Kaholo8003.jpg

あとは目で見てきめる。
Kaholo8002.jpg

完成
Kaholo8001.jpg


今までのパドルと使い比べてみました。
12012602.jpg
新しくなったKaholo8’0(写真右側)の方が今までのより重量も少し軽い。
漕いだ感触は硬い感じです。
でも今までのパドルはだいぶ使い込んだので少し柔らかくなった可能性もありますが。
シャフトがつや消しになって、より滑りづらくなりました。
今までのも滑りは気になりませんでしたが、シャフトがつや消しになって今までよりもっと滑りづらくなった。
硬くなったので小刻みな漕ぎをする時によりシャープにダイレクトに力が伝えられてスピードは速くなった。
ただ硬くなったぶん肩の負担は柔らかいパドルより少しあるかもしれません。
2012/01/26(Thu) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naishriders.blog20.fc2.com/tb.php/396-7bf97a4f
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。