スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
レース系SUPについて  永松
12Glide001.jpg

左からGlide14’0”× 27 1/4 × 5 3/4
Javelin14’0”×26 1/8 × 6 1/4
Javelin12’0”×28 1/4 × 6 1/4

Javelinの厚さはカタログには53/4とあるがボードには61/4になってます。


基本的にJavelinはフラットコンディション向けのレースボード。
Glideは外洋向けのオールラウンドボード。


12Glide002.jpg
上がGlide14’0下がJavelin14’0”。


Glideはロッカーが強めでウネリのあるコンディションでのダウンウインドにいい。
幅も適度にあるので安定感がある。外海でクルージング、ダウンウインド、釣りなどオールラウンドに使えるボード。

Javelinは平水面向けだがウネリが小さいようなコンディションでのダウンウインドではGlideより速い。
ウネリの大きい時のダウンウインドになるとパーリングしやすく、前のウネリにつっかかって乗りにくい。
細く厚みがあるのでバランスはとりにくいが、フラット海面でGlideと乗り比べるとやはり速かった。

Javelin12’6”は長さでクラス分けされている大会での12’6”クラス用に作られたボード。
レース向けだが幅があり安定感がある。レースにはもっと幅が狭くてもいいのになーという感じもある。多少面の悪い外洋でのクルージング、釣りにもいい。
フラット海面でGlide14’と漕ぎ比べたが長さのあるGlide14’が速かった。

Glide14’0”
12Glide005.jpg
11Glideと比べたらノーズロッカーが抑えてありレイルエッジも丸くなっていた。
よりウネリに乗りやすく、レイルが丸いのでスルスルとウネリの中でトリムしやすくなっていた。
重量も軽くなった。

この写真では分かりづらいが立つ場所が若干低くなっていてちょっと安定感アップ。
12Glide006.jpg

ボトム面は流れを良くするためにツルツルでなくサラサラ仕上げ。
12Glide004.jpg

Javelin14’0”の写真はこちらNaishライダーブログ
Javelin12’6”の写真はこちらNaishライダーブログ

後はJavelin17’0”もリリースされてますが乗る予定が無いので入れていません。
Glide12’6”の幅が30という幅の広いボードはマウイで乗りました。
その写真はこちらNaishライダーブログ
これは安定感抜群。体格の大きい方のレース、クルージング、向けです。
2012/01/10(Tue) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naishriders.blog20.fc2.com/tb.php/390-bc8df183
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。