スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Raskal
2012年モデルに発表されたNEW Board Raskalです。

photo 1
photo 2















僕がこのボードを選択した理由はとても柔軟性があり、重さが軽くかったからです。

初めてこのRASKALを持ったとき、非常に軽いことに驚きました。


更に細かく見ると、
ボードの裏側には浅い溝のようなものが彫られています。

photo 3


これはRASKALだけではなく、2012年モデルのボードは全てこのような構造となっています。


僕が乗ってみた感じでは、
この溝は水を切る役目があり、波がある水面でもスムーズに走ることができます。

その為、少々スピードを出しすぎても全く怖くありません。


技をする前にエッヂをかける時、この溝の役目は一変します。

今まで水を切る役目を果たしていた溝は、水面に食い込む役目に転換します。
すると、スピードは完全にストップした状態に近くなり、かなりのテンションが一瞬にかかります。

その時に飛び出すと、アンダー時でもジャンプに高さが出てきます。

そして、技の最中にはこのボードの軽さが非常に大切な役割を果たします。


少々オーバー気味で技をしても、ボードが軽いことにより、体がスムーズに動きます。
どうしてもWAKE Styleや重いボードを使用すると、ボードに振り回されるイメージがあります。

しかし、このボードでは非常にバランスが取れて、ダブル技の成功率がかなり上昇しました。

そして、技の着地時には、またこの溝が非常に大切な役割をします。


溝が先程のように水を切る役目をし、着地時に波に食われる回数が激減しました。

これが、ダブル技の成功率が上昇した一つの理由だと思っています。


Front Mobe To Blindが突然出来始めたので、これには驚きです。

ボードが軽く、スピードを出しても安全、
そして、ジャンプ中でのバランスがとりやすいこと。

このように、初心者から上級者まで、非常に幅広い層まで使用することができます。


130というボードの小ささの数字に拒絶している方が多いみたいです。
一度是非、試乗してみてください!!!

ボード選びが変わると思います!!


以上が、僕が思ったことです。


ヒロ
2011/07/15(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naishriders.blog20.fc2.com/tb.php/354-24f213e1
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。