スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Kite Borads
11NaishFish_Deck.jpg11NaishHaze_Deck.jpg
11NaishGun_Deck.jpg11NaishVenturi.jpg

さて、ボードのお話しです。

ってことでまずは初心者対象のお話を・・。

まずは、ツインチップにするか、サーフ系にするか・・。

これは、うんぬん言えるものではなく、自分のやりたいカイトが何なのか・・・ということで決まってきます。

だだひとつ・・・本当の初心者さんがエントリーしやすいのは、HAZE XL のような幅広のツインチップではないでしょうか・・。
道具の取り回しや、右、左方向への行きやすさ、弱めのカイトパワー時(初心者の練習時)での安定等・・これがベストであると私は考えます・・。

勿論、自分はカイトサーフィンする為にカイトを始めた・・という方は、サーフ系からやるのがベストですが・・。この場合、ナッシュで言えば5’4”とか、5’7”あたりがいいのでは?

参考までに・・・。

厳密に計ったわけではないので、感覚でしか話はできませんが、私の使っているツインチップの128cmと、サーフボードの、GUN 5’9”・・・長さやボリュームは全然違うけれど、サーフボードの方が微風時に強い・・的な感覚は、外見ほどありません。ぎりぎりの風速でカイトをしなくなったせいもあるのですが、サーフ系なら走るけど、ツインチップだと走らない・・的な感じはないということです。
但し、アップウインド力はサーフ系の方が上です。

カイトはフラットにして走ることはほとんどなく、基本走り始めたらエッジ(レール)を使うことになるのですが、
このエッジの接水長がキモなんですね。サーフボードは走り始めたらノーズ側が浮き始めるので、水に接している部分の長さは、かなり短くなります。
ツインチップは、ボードに対して乗っている場所が中心ということもあり、サーフ系ほどノーズ側が浮きません。
なので、ボードの長さに対して節水長は長くなります。
これが、感覚的にさほど浮力差を感じない要因です。

感覚的に浮力・・・というものを感じるのは、長さよりも幅・・です。
幅が広いものほど浮力を多く感じます。これは、長さを長くすることより全然感覚的に違いますね。
間違いなく、初心者ほど幅が広い方がいい・・。

長さも長い方が浮力があるのは確かですが、バランスが大事です。
大きなものほど取り回しは難しくなっていくからです。

極端な例になりますが、長さ、幅が大きなものの方が初心者向き・・と単純に考えるならすSUPなら最初から立ってられるし、簡単?と考えなくもないですが、SUPで行って帰ってこられるのは上級者だけです。
大きければ大きいほどいいわけでもないわけですね。

最終的なバランスとして・・・幅の広いツインチップがエントリーにはいい・・と私個人は思っています。

次は既に走れる人対象に・・・。

ツインチップ系の話は前回したので、サーフ系を・・・。

これも私個人の意見ですが・・。
リアルにカイトサーフィンしたいと言うのであれば、6’00”程度の長さはあった方がいいと感じます。
体重の軽い人で5’7”あたり・・。

私は5’00”も持ってますが、リアルカイトサーフィンはできません。
このボードの目的は、強風時でもサーフ系のマニューバーができる上で、ある程度のエアー、トリックができること・・。大きいボードで強風時にエアーをすると、ノーズが風にあおられて勝手に回ってしまいます。ボードのばたつき(エアー時の)をおさえるだけでも結構大変なんですね。

ある意味、サーフィンではできない動きをできるボードともいえますが、逆の発想だとどっち着かず・・。
エアー、トリックだけならツインチップの方がいいし、ウエーブだけならもっと大きなサーフボードの方がいいでしょう・・・。
どっちつかずではありますが、エアー、トリックも念頭におくとなると、この長さが限界であることも事実です。
(TAKAのような人並み外れたパワーのある人はこの限りではありません。彼なら仮に7’00”の長さでも
ぶっ飛んで回るでしょう・・・、こんな人はこの文章を読むこと自体意味ないですもんね)

なので・・・サーフボードにこだわるけど、エアー、トリックしたい人は最短のボードを・・
とにかくリアルサーフしたい人は、6’00”くらいを・・がお勧めですね。
フィッシュシリーズは一回り短くていいと思います。

最大サイズは、体の大きな人向きですが、極端に大きなわけではないので、更にサーフィンに近づけたい人にはいいかもしれません。

ところで、レース用のボードが今年ぼちぼち見られるようになりましたが、こちらはデータがないので何とも言えません。走らせ方も全然違うようなので、もし乗る機会があればインプレします。
とにかく、アップ性能はすごいらしいですね・・。

ってことで、ある意味カイト選び以上にバリエーションに富み、しかも重要で、楽しい悩みとなるボード選び・・
自分の意志と、ショップさんやライダーの意見を参考に、じっくり選んでみてください。



2010/11/06(Sat) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naishriders.blog20.fc2.com/tb.php/280-5d716e04
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。