スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
リランチライン
PARKとBOLTにはオプションでリランチラインを取り付けることができます
今日そのリランチラインをPARKに取り付けて試すことができました
BOLTはまだ使ったことがないんでわかりませんがPARKのリランチ性能は10モデルのHELIXに比べるとやや劣ります
しかしこのリランチラインを使うと10モデルのHELIXと同等かそれ以上のリランチ性能を発揮しました
全体図
20mラインと4m+3mラインが1セットになってます

バー
潜り
バックライン(青)がリランチラインを数ヵ所潜るように取り付けます
なので1本増えても意外に気になりませんでした

バテン1
バテン2
ライン
カイト側のラインは各カイトの内側のパネルのポケットに入ってます(写真撮り忘れました(^^;)

リランチラインを引くことでカイトがくしゃっとなりすばやくリランチします
リランチラインがなくてもたいていのコンディションではリランチ可能だと思いますがこのラインを使うとリランチがかなり早くなり、特に微風時にとても役立つでしょう

僕も最初はラインが1本増えて鬱陶しく感じるようだったらはずすつもりでした
しかしほとんど鬱陶しさは感じやんしリランチは驚く程早くできるんでもうはずせません



にしやん
2010/11/03(Wed) | 新製品 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。