スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
パドルの長さ
夕方の御前崎、また少しサイズアップしてセット胸肩。
ローカルポイントで良いピークはSUP出来ないのでサーフィンしました。
日暮れまじかになって風もおさまり良い波でした。やっぱりサーフィンはいいですね。



時々質問されるパドルの長さ。
これはあくまで自分の決め方です。
パドル2
これはレース、クルージング、ダウンウインドの時に使用しているパドルの長さです。
グリップに手を置いて肘がまっすぐに伸びるぐらい。
パドル
これはウエイブ用に使用しているパドルの長さ。グリップに手を置いて少し肘が曲がるぐらい。


レース用は身長プラス32cm。ウエイブ用は身長プラス25cm。


レース用はダウンウインドなどボードにスピードが付いて走り始めたら腰を伸ばして漕ぐこともあるので長めです。短いとチョッとしたチョップを越えている時に空振りしたりします。無理にかがんで漕ぐと腰も痛いです。ボードが走っているのでブレイドも少し大きめの8インチです。

ウエイブ用は漕ぎ出しに姿勢を低くしていたり前かがみで思いっきり漕ぐことの連続なので短めのほうが力が入るし上の手の位置が低くなるので肩も痛くなりずらいです。漕ぎ出しフルパワーの連続なのでブレイドは肩や肘に負担のかからない小さめの7インチを使用しています。


これは自分の決め方であくまで参考程度です。
以前マウイに行った時、デイブ・カラマさんもこの方法で決めたほうがいいよと言っていました。

ウエイブも長めでないと駄目という方もいます。長いほうがパドルを使ったターンの時、遠くに支点をおけます。
レース用もフラットでずっと鬼漕ぎするな時は短いほうが力も入るかもしれません。

自分は少しずつ切ってこの長さにしました。
1、2cm切っただけでも力の入り方は変わります。
永松
2010/09/01(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2011/01/03 07:11 * [ 編集] | page top↑
--Re: パドルの長さ調整について--

自分が接着してしまったパドルを短くする時は、グリップ側がシャフトに入ってるタイプはシャフトを切ってグリップ側を傷つけないようにグラインダーやヤスリで残ってるシャフト部分を削ります。

シャフトがグリップ側に入り込んでるタイプはシャフトをグリップギリギリで切って、ちょっと強引ですがグリップ側の内側に残った所をマイナスドライバーやペンチで取ります。
by: yoshi nagamatsu * 2011/01/05 06:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

いつも参考にさせて貰ってます。
最近はグッと短かくされてる方も多いですね。
by: おおしま * 2012/02/09 23:34 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

そうですね、僕は現在ウエイブの時のパドルは身長プラス21センチ。クルージング、ダウンウインド用は30.5センチプラスにしています。
この記事の時よりも少し短くしています。

僕の漕ぎ方には短すぎると腰に負担がかかるし長すぎると肩が痛くなるのでこの長さに落ち着いています。

ウエイブでは15センチプラスぐらいにしている方もいますね。

by: 永松 * 2012/02/11 19:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naishriders.blog20.fc2.com/tb.php/187-7db75144
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。