スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
サーフ系あれこれ その昔 Maru
ナッシュのボードコレクションの中で、サーフ系のバリエーションは他社に比べても多いと思います。

ここ数年で始めた方は見たこともないボードかもしれませんが、ずっと昔からやっている人には馴染みのある、そして一度は乗った事があるであろうボードの種類にミュータント系のボードというのがありました。これを始めてつくったのはナッシュです。ディレクデョナルボードでありながら、どちら方向にも進める(?)ボードというコンセプト・・・。
ツインチップボードが主流になっていく中で、ツインチップっぽくも乗れるディレクショナルボード(?)といった位置づけだった気がします。

その後、ボードはどんどん短く、薄く、軽くなっていき、ナッシュの中ではAlien121というボードがディレクショナルボードの中では、一番軽く、短く、薄いボードでした。(ほんとにディレクショナルらしさを残していたのは、MTX というボードでしたが・・・。)

更に時間が過ぎてこのジャンルは消滅し、ツインチップかサーフボードか・・・という時代がやってきます。妙に中途半端といえば中途半端である、「ツインチップっぽいディレクショナルボード」というのは
今の時代は他メーカーでもほとんどありません。

今サーフボードタイプに多く乗るようになって、セカンドボードとしてまた「ツインチップっぽいディレクショナルボード」がなんだかほしい今日このごろだたtりしてます。(今はないんですけどね)

道具はその時の流行であったり、最新の技術であったり、コンテストの影響であったりといった理由からいろいろ形を変えてきました。そんな中で、今は手に入らないようなスタイルの道具・・・でカイトをするのも一つの個性だと思います。

ああ、何が言いたかったのか・・・。

私としては、こんな古い昔話も時折折りまぜながら、更新したいと思います・・・・・(?)

2009/05/06(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naishriders.blog20.fc2.com/tb.php/11-678a62a3
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。