スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
RIDE
新しいモデルRIDEが発売されます。

お問い合わせはお近くのショップに問い合わせて下さい。

詳細が分れば、またUPします。



iwai
スポンサーサイト
2012/04/26(Thu) | 新製品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AIR SERIES 永松
AIR SERIES
airmanasirnalu01.jpg
3種類

空気逆流防止のロックピンを引いてから
airmanaairnalu02.jpg
付属のポンプで空気を入れる
airmanaairnalu03.jpg
カイトのポンプと違いカチカチに空気を入れられるように押す時だけ空気が入る。
メーターがついているので14まで入れる。
圧力が弱いとフニャフニャで安定しない。
パンパンに空気を入れるのに頑張って2分。休み休みなら5分ぐらいかな。

ロッカーのついたMana10’0”×33”×6”
airmana01.jpg
airmana02.jpg

ロッカーの無いフラットなMana10’0”×33”×4”
airmana101.jpg
airmana102.jpg

ロッカーのついてるNalu10’2”×30”×4”
airnalu01.jpg
airnalu02.jpg

上からNalu,Mana、ロッカーなしMana。
airmananalu1001.jpg

センターフィンは差し込んでピンで固定。
fin.jpg

ロッカーなしのMana10’0”
airmana103.jpg

矢谷君がNalu。奥さんのヨッシーがフラットのMana。
airmananalu0001.jpg

ロッカーありのMana10でタンデム。
airmana03.jpg
余裕の浮力があり安定していた。

Nalu10’2”
airmananalu2002.jpg
これは浮いてるが少し不安定。すぐに帰ってきた。
大人と子供なら大丈夫かな?

フラットのMana
airnalu03.jpg
Naluよりは少し安定感あり。



そして海へ
airmananalu002.jpg
矢谷君はNalu10’2”自分はMana10’0”。

スープ越えにコツがいる。
ほとんど水面から出ているので衝撃が強い。
ノーズ浮かせてスープの上に乗せて上げないとスープに当たって急停止してしまう。
airmanay04.jpg

airnaluya01.jpg

airmanay03.jpg

airnaluya02.jpg

airmanay01.jpg

airmanay02.jpg
この日は漕いでいないと流されるくらい東風が吹いていた。
ボードが水面からほぼ出ているAIRボードは風の影響を受けやすいのだけど心配していたほどでは無かった。
ボヨボヨする感覚に慣れればけっこう波に乗れる。
波越え、テイクオフ、ターン一つ一つが新鮮で面白い。

airmananalu001.jpg

Naluは波の中でちょっと速く感じるが、ロッカーありのManaが遊べるはばも広いかな。
ボード幅があるほうが硬さも出るし安定感ある。
airmananalu003.jpg

空気を抜く時はピンを押して回せばOK。
air01.jpg

バックに入れればボード3本こんな感じ。
air02.jpg

軽の荷台にもこんな感じで3本分。
air03.jpg
これが一番の魅力ですね。
キャンプの遊び道具の一つとしてなど。楽に収まる。

今度は川下りでもしてみたいな。



NAISHからAIR SERIESの動画
さすがロビーさんはポルシェです。


2012/04/22(Sun) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
SUPのカーボンパドル Kaholo8.0と9.0 永松
最近届いたKaholo9.0を普段使っているKaholo8.0と比較してみた。

kaholo9001.jpg

kaholo9002.jpg

Kaholo8.0は幅20.3cmフェイスの面積は662cm2。
Kaholo9.0は幅22.8cmフェイスは870cm2。

kaholo9003.jpg
9.0のシャフトは少し太い。

kaholo9004.jpg

下が9.0
フェイスのカーブが違った。
9.0の方の先端がカーブがついてる。

漕いでみた感触ですが、硬さにそれほどの差は感じなかった。
フェイスが大きい分抵抗は大きい。
漕いでていいなと思ったのはストローク最後の水抜けが良くて軽い。

これでガシガシ漕げれば当然速いでしょうね。
肩や肘には小さいフェイスのものより負担があるかもしれません。
肩肘の弱い人や痛めた事のある方には8.0やグラスブレードの7.0などが楽なのでは。



もちろん大きなパドルで思いっきり漕げるパワフルな人にはお勧め。
そうでなくても最近の小さなフェイスのパドルでは物足りない方や大きめのパドルでゆっくり漕ぐのが好きな方。
細いグリップは合わないという方には是非試して欲しいパドルです。
2012/04/16(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。