スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
チャージャーという選択
前出で、チャージャーについて出てますが、私なりの感想を・・・。
チャージャーは、コンセプト的には入門カイトということになっていて、価格もかなり安め・・。

しかし、ワンポンプシステムでない以外は、他のモデルにつくりで差のある部分もないように思います。
このワンポンプシステムでない・・・という部分も考えようによってはいい面も・・・。
それは、リーディングエッジがパンクした時・・・・
ワンポンプシステムでも、やってみれば思っていたほど大変ではないのですが、やはりセパレートの作業性の良さは格別です。
初心者ほどカイトを落とす確率は高く、ゆえにパンクの可能性もおのずと高くなってしまうわけですが、いざという時の作業性の良さと考えれば、他のモデルよりも便利かもしれません。

性能的には、私もCカイトに近いと感じます。
リランチに関しては、他モデルに比べてもいいと感じました。
このあたりも初心者にはいいと思います。
総合的な性能は、必要充分・・。
エアーのリフト感は薄いですが、このカイトのポジション的に他モデルと同等というのもおかしな話で・・。

但し・・・、数年前ボクサーというモデルが入門用としてナッシュに登場しました。
いろんな部分が現在のチャージャーのような位置づけになっていたのですが、必要充分以上の性能を持っていました。

・・このように、入門用とは言っても、十分に長く使える仕様なのがナッシュのカイト。
特にスタイルにこだわりがなく、オールマイティーに使いたいなら、上級者でも充分使えます。



スポンサーサイト
2010/03/22(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2010 TORCH LE
KEVIN WORLD CHAMP 記念限定モデル発売です。サイズは9.0/11.0 m2
数量限定に付き予約制です。4月末入荷予定です。
9,0 \136,500 11,0 \147,000 カイトのみの税込価格です。


2010TorchWCE_Side.jpg
2010/03/19(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トーチ7㎡の限界・・・Maru
先日トーチのこれが限界風速をチェックできました。
これまでも結構な風速で出てはいましたが、一人だったり、少人数だったり(2~3人しかいないのでは、全員が海に出てしまったら、キャッチしてくれる人がいなくなるので・・)
で、限界までは試してませんでした。(その前に、一人で下ろせる風速内で上がっていたということです)

お勧めはしませんが、参考まで・・・。
但し、ランチング、ランディングのサポートは不可欠で、セルフは不可能ではあります。

私の体重は、58~59Kg・・・。

私や仲間が参考にする、千葉のモニタリングポストというゲレンデ近くの風速計があるのですが、そこの風速で、最大25m、平均19mを記録したあたり・・・これが私にとってのトーチ7で乗れる(?)限界でした。
(乗れてはいないかな・・・とりあえず、破綻はおきず、岸に戻れて、きちんと下ろせる限界・・ここまでオーバーになると、逆に高くは飛べません・・・。)

実際のゲレンデで風速を計ったわけではないので、上記がそのまま正しい風速かはわからないのですが、近いことは確か・・。

少なくとも私の体格で、上記風速でのライディングは全くお勧めしませんが、経験者なら破綻がおきず岸に戻れる限界の参考ということで・・。

2010/03/14(Sun) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2010 CHARGER (チャージャー)
NAISH KITE にCHARGER(チャージャー)というKITEが発売されています、在庫も全サイズあります。

コンセプトは入門モデル(どのレベルでも使えます)ということになり、価格もかなり安めで構造もシンプルなものになります。

サイズは6種類 (税込)
  3.5㎡   81,900円
  5.0㎡   92,400円
  9.0㎡  115,500円
 11.0㎡  126,000円
 13.0㎡  136,000円
ワンポンプシステムは省かれています。
  
control system
20"/20m SML 50,400円 


CHARGER1


CHARGER2

CHARGER 11㎡

僕が使った感想ですが、CULT、HELIXと違い、どちらかと言うとCカイトよりの感覚で、トルク感や適度なバープレッシャもあり、良くのぼるカイトだと思いました。

海面で落とした時のリランチのやりやすさ、デパワーさせた時のデパワー率は他のカイトとあまり変わりません。

エアーに関しては、僕的にもう少しリフト感が欲しいと思いました。

今回、試乗した風域はカイトサイズ14㎡から9㎡で乗る風域を11㎡で楽にのれました。


気に成る事やご質問がありましたら、どしどしお問い合わせ下さい。
2010/03/03(Wed) | 新製品 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。